女性に多い便秘と冷え症、私も若い頃はひどい便秘で一週間出ないなんてこともよくありました。冷え症とも長年つきあっています。便秘がひどかった頃は、いろんな肌トラブルに悩まされました。

吹き出物ができやすく、小鼻の黒ずみやざらつきもひどかったです。その頃は仕事が忙しくて食事に気をつかう余裕もなく、お弁当やコンビニの食事、ジャンクフードで済ませることもよくありました。そしてエネルギーが足りない時は肉を食べればよいと思っていました。確かに肉を食べると一時的に力が出るのですが、便秘がひどくなり、腸内で増えた悪玉菌の作用のせいで肌トラブルも悪化していました。

30代に入り野菜のおいしさに目覚め、野菜だけでも満足する調理法があることを知りました。野菜だけでは力が出ないと思い込んでいましたが、そんなことはありません。少しずつ肉と野菜の比率を変えて、今では野菜と豆料理がメインです。
肉も大事なタンパク源なので少量はいただきますが、日によっては植物性たんぱく質だけの日もあります。野菜の持つ酵素の力を活かすには生食がよいのでしょうが、冷え症なので生野菜で体を冷やさないようほどほどにし、加熱してたくさん食べています。

蒸し器で根菜や芋類も含めた温野菜をよく作りますが、腹持ちもよく、一度にいろんな野菜を食べることができます。忙しくてもすぐに食べられるように、温野菜や茹で野菜、酢の物やナムルなどは作り置きしています。

野菜生活のおかげで水溶性食物繊維と不溶性食物繊維も十分に摂れ、あれほどひどかった便秘が治りました。腸内環境が改善されると肌にも変化があり、しつこかった小鼻周りの脂と黒ずみ、角栓などが目立たなくなりました。

以前は鼻周りの汚さが気になっては触るという悪循環でトラブルを悪化させていましたが、特別な対策はしていないのに、いつのまにか悩みがあったことを忘れていました。肌の水分と油分のバランスもよくなり、肌理も整ってきました(^o^)

スキンケアだけでは、肌トラブルは解消しなかったと思います。体に入るものを意識し始めてからは、ジャンクフードやジュース類もほんのたまに楽しむ程度になり、ストレス解消のためのお菓子のやけ食いもなくなりました。

食べ過ぎたり砂糖を摂りすぎたりすると体は胃もたれ、生理痛、肌のくすみといったいろんなサインを発します。以前の私はそのサインに気づかないほど感覚が麻痺していましたが、最近ではちゃんと気づいて、自分でコントロールできるようになりました。

野菜がメインの食生活は難しいと思われがちですが、私の場合はそれによって体調や肌の調子までよくなって快適なので、続けられています。美肌になってトラブルで悩む時間が減った分、肌のお手入れやメイクを楽しむ心の余裕もできたように思います。